ブログ


日々の出来事や雑感などを思いつくままに書いていこうと思います。
by kadu1977
プロフィールを見る
画像一覧
更新通知を受け取る

冬休みの読書

今回は冬休み中に読んだ本の話題など。
ただし音楽関係の本はありません、悪しからず(笑)。

まず1冊目は「乃木希典と日露戦争の真実」。
この本はブックオフに行った時たまたま目にして買った本でしかも100円で購入(笑)。
本の名前の下に「司馬遼太郎の誤りを正す」と書いてあったのが目に留まり買ってみました。
買って正解でした。
面白い!
近年「司馬史観」というものの弊害が言われていますが、かくいう自分も司馬遼太郎の本を読んできた人間。
乃木希典については司馬遼太郎の「坂の上の雲」や「殉死」で乃木希典愚将説を信じてきましたし、参謀だった伊地知幸介も司馬遼太郎がこき下ろしていたのでそれを素直に信じてました。
この本はそれを徹底的に否定しています。
有名な203高地の激戦も乃木の作戦の正当性を書いています。
伊地知幸介についても一章丸々設けていて大変興味深いものがありました。
あとがきに著者と司馬遼太郎の電話のやりとりが少し書いてあってそれも面白かったです。

もう一冊は「経済で読み解く大東亜戦争」。
最近経済についても興味が出てきた僕としてはつい興味を惹かれ買ってみました。
なかでも金本位制について書かれていたところが面白かったです。
昔、城山三郎の「男子の本懐」という浜口雄幸首相のことを書いた小説に浜口、大蔵大臣井上準之助コンビの金本位制復活による経済の失策が書かれていて、イマイチよくわからなかったのがこの本を読んで納得いきました。
難しくてよくわからないところもありましたが(笑)、この経済で読み解くシリーズはあと他に2冊出ているのでいずれ読んでみようと思っています。

他にもいろいろ読んで面白かった本はあったのですが、音楽関係の本が1冊もない…。
いずれまた音楽関係の本についても書けたら…と思います(笑)。

[PR]
# by kadu1977 | 2018-01-19 00:13 | Comments(0)

明けましておめでとうございます

年が明けて早1週間。
5日の金曜日から始まっている学校も多く、ゆっくりお正月気分に浸っている間もない…という感じがしますね。
皆さんはどのように年末年始を過ごされたでしょうか?
僕はレッスンが1週間ほど休みだったのですが、長い休みの時はだいたいやらなければいけないことに追われている気がします(笑)。
やっておくべきことを後回しにした結果あとで休みの時にバタバタ…。
毎回懲りずに同じことを繰り返している(笑)。
子供の時も夏休みの宿題はだいたい最初にガーっとやってある程度までやったら気が抜けて、休みの最後にまたアタフタしてやる…という感じでした。
「三つ子の魂百まで」とはよく言ったものです(笑)。
とはいえ、冬休みに読もうと思って買っておいた本も何冊かじっくり読めました。
音楽に関係ない本ばかりですが(笑)。
好きな歴史関係であったり、最近興味が出てきた経済の本など読んでました。
読んだ本についてはまたいずれ書きたいと思います。
マニアック(?)かもしれませんが(笑)。

それでは本年もよろしくお願いします。




[PR]
# by kadu1977 | 2018-01-07 23:40 | Comments(0)

受賞者コンサート雑感

2日のフラワーパークに続き、3日は福祉交流センターに行ってきました。
生徒の出る「第16回  受賞記念コンサート」を聴きに行くためです。
第1部から第4部まであって1部の開演が14時で4部の開演が18時…。
さすがに全部は無理なので(笑)、16時ぐらいに行き最後まで聴いてきました。
それでもかなり長い(笑)。
毎年のように聴きに行っていますが、毎回楽しく聴かせてもらっています。
ただ…毎回聴いているとだいたい曲がかぶってくるんですよね…。
もちろんコンサートとはいえ先生からしたら今生徒に弾いておいて欲しい曲、もしくは生徒本人が弾きたい曲を…と考えるとある程度はしょうがない。
これは指導者の共通の悩みかなと。
それに同じ曲でも弾く人が違えばまた全然変わりますし。
それを聴く楽しみももちろんあります。
「こんな解釈で弾くんだな〜」と新たな発見をすることもしばしば。
ただそれでも…たまには新鮮な曲を聴きたいな〜なんて思ったりもします(笑)。
音楽の世界は広い!
世の中には何千何万という曲がある中で一生で弾ける曲はごくごく僅か。
なのでせめて聴く時はいろいろな作曲家のいろいろな作品を聴きたいなと。
なんて思ったりもします…が、でも王道の曲も大事ですしいい曲なんですよね(笑)。
マニアックに走るのもそれは違うと思いますし、自分自身もですが生徒にもバランスよく弾いて聴いて音楽を楽しんでもらえたら…と思います。





[PR]
# by kadu1977 | 2017-12-17 23:38 | Comments(0)

フラワーパークにて

2日の夜にフラワーパークに行ってきました。
綺麗なイルミネーションを見に…と言いたいところですが、演奏のお仕事です(笑)。
温室での演奏ということで暖かいかと思いきや…寒い!
もちろん外よりは暖かいとはいえ手が冷たくなって大変でした。
もちろんピアノで…というわけではなくキーボードです。
セッティングで最初なかなか音量調節がうまくいかず係の人が大変そうでしたが、なんとか本番に間に合い一安心。
今回の演奏はフルートの伴奏としてで、フルート奏者は大学の後輩の小林聡君。
小林君はこういう場での演奏に慣れているので曲と曲の間のしゃべりなどは全て小林君にお任せ。
僕はお辞儀するのみ。
楽をさせていただきました(笑)。
演奏風景はこんな感じ。
b0291936_23451993.jpg

曲目はクリスマスが近いということで全てクリスマスにちなんだ曲でした。
伴奏を頼まれた時は「そんなに大変な曲にはならない」とのことだったので気楽に引き受けたのですが、案外難しくて難儀しました(笑)。
でもジャズバージョンの編曲などが面白くて弾いていて面白かったです。
寒くて手が冷えるし、イスの高さは合わないし、暗くて楽譜が見にくいし…などなどいろいろありましたが(笑)、お客さんもたくさんいてとても楽しく演奏出来ました。
帰りには綺麗なイルミネーションも堪能できたし、とても楽しい夜でした。


[PR]
# by kadu1977 | 2017-12-07 23:33 | Comments(0)

ホルンコンサート

先週24日音楽工房ホールにN響主席ホルン奏者の福川伸陽さんのコンサートを聴きに行ってきました。
素晴らしいコンサートだったの一言。
前回のコンサートも聴きに行って感動しましたが、本当に素晴らしい演奏でした。
前回のコンサートよりも聴きに来ている人の数が増えてましたが、さもありなんという感じです。

プロフィールに「技のデパート」とありましたが、多彩な音、音色、フレーズの作り方などなど終始溜息が出ました。
もちろん技巧的なことだけでなく(テクニックというものをどのように定義するかにもよりますが)、「すごいな〜」と感心するだけでなく本当に心から感動しました!
9月にN響の横山先生の伴奏をさせていただいた折、福川さんのことを聞いてみたのですが、横山先生曰く「彼は化け物だよ」と。
もっともN響はそんな人ばかりだとも言っていましたが(笑)。
聴いていて「この人は自分が表現したいことが全部できるのではないか?」と思ってしまうほど。
もちろん才能のある人にはそれはそれでまた悩みもあるのでしょうし、更なる高みを目指してるんでしょうけど…。
こんな風に感じたのは最近読んだ天才ピアニストキーシンの自伝にも天才なりの悩みなども書いてあってつい重なってしまったのですが。

刺激を受けたという言葉ではとても言い表せませんし、なんと説明していいのかうまく言葉が見つからないぐらい素晴らしいコンサートでした(笑)。





[PR]
# by kadu1977 | 2017-11-26 23:30 | Comments(0)
カテゴリ
以前の記事
フォロー中のブログ
最新のコメント
すごーく楽しみにしていま..
by フリージアの松嶋菜々子 at 19:11
メモ帳
最新のトラックバック
ライフログ
検索
タグ
その他のジャンル
ブログパーツ
最新の記事
外部リンク
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧