ブログ


日々の出来事や雑感などを思いつくままに書いていこうと思います。
by kadu1977
プロフィールを見る
画像一覧

<   2016年 03月 ( 2 )   > この月の画像一覧

「ケッヘル」という人

発表会は無事に終わったのですが、プログラムを作成している時にふと疑問に思ったことが。
モーツァルトの作品番号につく「ケッヘル」が人の名前だというのはピアノを弾く人なら知っていると思いますが、ではその「ケッヘル」ってどんな人なんだろうと。
子供の頃から何の疑問も持たずに使っていたけど今更ながら興味が湧き早速Wikipediaで検索。
そこで紹介されていた本を読みました。
その本がこれです。
b0291936_00025703.jpg


ケッヘルが生きた時代の背景や人々の思想なども詳しく書かれていて大変面白かったです。
誰の言葉だったか忘れましたが、「人は時代の子だからどんなに偉大な人でもその時代の枠組みから外れることはできない」という言葉を思い出しました。
その当時の時代背景があってこそのケッヘルの仕事だと。
それにしても偉大な仕事をしてくれたものです。
で、脱線して「じゃあ、ハイドンの作品番号のホーボーケンはどんな人?、シューベルトの作品番号のドイチュは?」とWikipediaで探してみましたが、残念ながら参考文献は見当たらず…。
やっぱりモーツァルトというハイドンやシューベルトより一般的に有名な人だからこそスポットライトがあたるのかな。
何だかホーボーケンやドイチュさんに同情してしまいました(笑)。



[PR]
by kadu1977 | 2016-03-16 23:40 | Comments(0)

発表会終了

6日の日曜日に発表会が無事に終了しました。
当日は雨が心配されましたが、ちょっとぱらついた程度で済み一安心。

この日は何度か使わせていただいている富塚町の「夢・汎ホール」での発表会。
ホールはこんな感じです。

b0291936_23511445.jpg

b0291936_23511522.jpg


非常に雰囲気のあるホールです。
この雰囲気の中、リハーサルも終えいざ本番が始まったのですが、やっぱり上手く弾いてくれるか不安で緊張します(笑)。
そんな先生の緊張などつゆ知らず、小さい子達は不安な様子も感じさせず良い演奏をしてくれました。
嬉しい反面、緊張して損したような不思議な気持ちです(笑)。
学年が上の生徒たちはミスもありましたが、難曲をよくチャレンジして頑張ってくれました。
上手くいかなかったところは誰よりも自分自身が悔しいはず…と思い、終わった後は特に指摘することはしませんでした。
むしろ自分で何が上手くいかなかったかを考えてまた練習に励んでほしいとも思います。
もちろんまたレッスンでその時のことはちょくちょく指摘するつもりですが(笑)。

大人の生徒さんもなかなか練習時間がない中良い演奏をしてくれましたし、受験から間もない中弾いた子もいたり感心して自分が刺激を受けることも多かったです(笑)。
プロの演奏家の演奏を聴くのも楽しいですが、自分の生徒の演奏を聴くのも本当に楽しいです。
ひとりひとり音の質や表現も違うし本当に面白い。

そんなことを考えながら、やっぱり疲れたせいかその日は速攻寝ました。
就寝時間21時…。
久々にこんなに早く寝ました(笑)。




[PR]
by kadu1977 | 2016-03-10 23:22 | Comments(0)
カテゴリ
以前の記事
フォロー中のブログ
最新のコメント
すごーく楽しみにしていま..
by フリージアの松嶋菜々子 at 19:11
メモ帳
最新のトラックバック
ライフログ
検索
タグ
その他のジャンル
ブログパーツ
最新の記事
浜松市民合唱祭2018
at 2018-10-08 00:19
フルトヴェングラーを聴いて
at 2018-09-10 00:32
オープンキャンパス
at 2018-08-17 00:15
夏休みにオススメの本
at 2018-08-02 23:31
ワールドカップその2
at 2018-07-30 00:03
外部リンク
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧