ブログ


日々の出来事や雑感などを思いつくままに書いていこうと思います。
by kadu1977
プロフィールを見る
画像一覧
更新通知を受け取る

<   2014年 10月 ( 2 )   > この月の画像一覧

第13回受賞者記念コンサート

少し前になりますが、19日の合唱祭も無事に終わりました。
毎回ソロにせよ伴奏にせよ、自分の中で課題を設定して本番に臨むのですが、大体うまくいかない(笑)。
今回も自分の中で設けた課題はクリア出来ず、なんだかモヤモヤした気持ちが残っています…。
納得いく演奏は中々出来ないものです。

直前になってしまいましたが、2日の日曜日は3人の生徒が福祉交流センターで行われる「PTC PTNA 第13回受賞者記念コンサート」に出演します。
コンクールを頑張ったご褒美みたいな感じですが、普段の練習を頑張っているとはいえ、本番でしか得られないものがあるのでいい演奏をしてほしいと思います。
僕自身も自分の生徒を含め、頑張っている子達の演奏を聴いて刺激を受けれたら…と思います。
お時間のある方はぜひ聴きに行ってあげてください。
[PR]
by kadu1977 | 2014-10-31 00:05 | Comments(2)

ちょっと気が早いですが…

もう10月も半ば…。
気が早いですが、来年2015年は僕の好きな作曲家スクリャービンの没後100年にあたります。
スクリャービンと聞いてもあまり知らない人もいるかもしれませんが、ラフマニノフと同世代の作曲家です。
ラフマニノフがロマン派的なところに留まって作曲を続けたのに対し、スクリャービンは神秘主義に傾倒して独自の「神秘和音」という和音を作り出して調性音楽から離れていったので、なかなか一般受けしづらいところがあります。
そのスクリャービンから始まって今は他のロシアの作曲家の作品を楽譜を取り寄せたり、CDを聴いたりしています。
ここ最近のお気に入りはスクリャービンの作曲の先生だったアレンスキーとリャードフ。
これまたスクリャービンよりさらにマイナーで聞いたこともないかもしれません(笑)。
アレンスキーは「ショパンの亜流」など結構酷評もされていますが(笑)、和声がすごく綺麗で文豪のトルストイもお気に入りの作曲家だったとか。
来年はスクリャービンから始まって自分の中でロシア音楽イヤーになりそうです(笑)。


そのアレンスキーやラフマニノフも生前合唱団を指導していたそうです。
どんな合唱作品があるのか調べたのですが、なかなか見つかりませんでした。
合唱団フリージアの伴奏をさせていただいている僕としては興味があるのですが…。
ちょっと無理やりな宣伝ですが(笑)、そのフリージアが今度の19日の日曜日、アクトで行われる合唱祭に出演します。
演奏時間は11時ごろの予定です。
曲目は三好晃作曲の「麦藁帽子」と平吉毅州作曲の「ひとつの朝」です。
お時間のある方はぜひ聴きに来てください。
[PR]
by kadu1977 | 2014-10-13 18:01 | Comments(1)
カテゴリ
以前の記事
フォロー中のブログ
最新のコメント
すごーく楽しみにしていま..
by フリージアの松嶋菜々子 at 19:11
メモ帳
最新のトラックバック
ライフログ
検索
その他のジャンル
ブログパーツ
最新の記事
外部リンク
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧