人気ブログランキング |

ブログ


日々の出来事や雑感などを思いつくままに書いていこうと思います。
by kadu1977
プロフィールを見る
画像一覧
更新通知を受け取る

移動のお供

バタバタしていて随分空いてしまいました。

先週は用があって2度ほど静岡の方に行ってきました。
こういう移動の時に必ず持っていくのが本。
今は電車とかに乗ってもスマホを見ている人が多く新聞や本を読んでいる人がめっきり減ってしまいました。
まあ、電子書籍もあるのでスマホで本を読んでいる人もいるとは思いますが、僕はやっぱり本は紙で読みたい派。
そんなわけで例によって最近読んだ本の紹介を。


まずは「縛られた巨人 南方熊楠の生涯」。
歴史好き、なかでも幕末から明治以降の歴史が特に好きな僕としては日露戦争で活躍した秋山真之が登場する本はたくさん読んでいます。
その時秋山真之の東大予備門時代の同級生に登場する一人として名前を目にしていた人物。
名前はよく見るけど実は何をした人か全然知らないでいたのですが、興味はあったので読んでみました。

感想は…明治の人は魅力的な人が多いなと。
いや、魅力的な人物は明治時代に限らないんですけど、なんというか国を挙げて発展していこう!としているなか、それぞれの分野で本当に魅力的な人物が出てきますが、この人もその一人。
この人の場合はアカデミックな学問の世界とは異質なところで生きた人ではありますが、共通するような魅力があります。

またまた歴史関係の本で江崎道朗著の「コミンテルンの謀略と日本の敗戦」と「日本は誰と戦ったのか」の2冊。
「コミンテルンの〜」は以前に読んでいたのですが改めて読み返してみました。
この2冊は太平洋戦争の原因の一つ「ソ連のコミンテルン」の影響が日米両国に及ぼした影響について書かれていてすごく面白い本でした。
今までは謀略論として片付けられていた視点が公文書などから明らかにされてきている経緯が書かれていて、僕にとって歴史の新しい視点を教えてくれたという意味で本当に新鮮。
それを知ったからといってそれがどうしたと言われたらそれまでですが(笑)、やっぱりいくつになっても新たな視点を持って物事を考えることができるのは嬉しいなと。


今回はまた本のことだけになってしまいましたが、次回はゴールデンウィークの時に改めて聴いたCDなどのことも書きたいと思います。

最後にひとつ宣伝を。
今週9日の日曜日に僕が伴奏をさせていただいている「アンサンブル フリージア」の演奏会が福祉交流センターであります。
お時間のある方はぜひ聴きにきてください。
b0291936_00134970.jpg


by kadu1977 | 2019-06-02 23:43 | Comments(0)
カテゴリ
以前の記事
フォロー中のブログ
最新のコメント
すごーく楽しみにしていま..
by フリージアの松嶋菜々子 at 19:11
メモ帳
最新のトラックバック
ライフログ
検索
その他のジャンル
ブログパーツ
最新の記事
忙しかった夏
at 2019-09-09 00:24
第11回フリージアコンサート
at 2019-06-18 23:54
移動のお供
at 2019-06-02 23:43
第14回 掛川・新茶マラソン
at 2019-04-28 09:47
桜の記憶
at 2019-04-17 14:12
外部リンク
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧